FC2ブログ
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
wacana*のこと

wacana*

Author:wacana*
wacana*です。
高二病を経て最もしたいことが見えてきました。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

ちんあなご

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上野高校での楽しい思い出*

2019.11.02 09:52|学生時代のこと
アンデルセンのシールを、久々に手にして、思い出し笑いをしてしまった。

それは、高校2年生の時のこと。わたしの左隣の席だった、イタルくんは、よくパン屋さんの袋をもって、ギリギリアウトの遅刻をしていた。根津の駅から学校に向かってくる間にある、アンデルセンのパンの袋です。アンデルセンに寄らなかったら遅刻しないのではないかと、思うのと同時に、ほぼ毎日食べるなんて、よほどアンデルセンがスキなのだなあ、とみんなが思っていたに違いない。

とある日、教室掃除の時間に、アンデルセンでパンを買ったら貰えるシールが、3枚綴りで落ちていた。それを拾ったクラスの男子が、なんの躊躇いもなく、
「イタル、これ落ちてたよ。」
とイタルくんに駆け寄り、渡していた。シールに名前なんて書いてないし、誰もがアンデルセンで買うことができるのだ。しかしアンデルセンのシールが2年3組の教室に落ちていたのなら、わたしもイタルくんに届けただろうけど、けど、それが浸透しているこのクラスって、、と思うと面白くてたまらなかった。

アンデルセンは、広島の本店も行ったし、デンマークにあるお店にも行った。色んな思い出もあるが、この先もずっと、アンデルセンのシールを見たのならば、イタルくんを思い出すに違いない。そして、きっとあの時にクラスメイトだったみんなも。

wacana*
~ 上野高校での楽しい思い出 ~

20191102015457a0a.jpeg
スポンサーサイト



テーマ:独り言
ジャンル:日記

長く感じた通学路とタイミング*

2015.12.22 00:23|学生時代のこと
昨日、小学生の時の通学路を久々に通ったんだ。
建てものや雰囲気は、変わってしまったり、変わっていなかったり、それはなんだか、わたし自身と似ていて。あの頃、1人で帰るには長くって、少し寂しく感じていたその道も、今通ってみると、大した距離じゃないのだ。
小学生の頃のわたしの世界って、ここだったんだなと思いながら、1人でマーシャルまで行けちゃうわたしは、ただ単純に大人になっただけではなく、わたしの世界が大きく広がったんだな、と実感するのです。
そんなこんなで祖母の家までチャリで駆け抜けようとしていたら、ハッと、通学路を一緒に帰っていた友人に出くわした。

こういうタイミングがいいところも、変わっていなかったりする訳です。


  wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:wacana*

お習字もまた原点。*

2014.01.13 09:31|学生時代のこと
また逢いたい人に逢えた。そう思った。
9歳から始めたお習字。最後に逢ったのは、お習字を辞めた時になるので、6,7年振りの先生。変わらない先生の顔になんだかホッとした。
筆がスキ。文字を書くのがスキ。墨のかほりがスキ。お習字は、疲れるれど、スキなものに囲まれる時間。またお習字を再開したいと思っていたところだった。
そんなお習字もまた、わたしの原点の1つである。
例えば、ちょっと左に寄ってしまった印刷物だったり、全角と半角の数字が混在した文章だったりするのも、むずむずと気持ちが悪くなる。それは、文字のバランスだけではなく、一枚の半紙に黒と白のバランスを考えて書くというという空間への学びによるものだと思う。
カバンの中がぐちゃぐちゃなのは、また別の話ってことで。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:wacana*

ゼラニウムと3つのこと*

2013.06.10 17:33|学生時代のこと
「この花の葉っぱ、ちょっと触ってみて。」
などと言って、葉っぱを触らせる。次いで「その手を嗅いでみて」と勧める。「うわぁ」という反応が返って来る。これがわたしがゼラニウムを見つけては、友人に勧めた時の一連の流れである。
最近、ゼラニウムの花が奇麗に咲いているのを見る。知っている人が多いのか少ないのかわからないが、花の鮮やかさに似合わない異臭。常時、風にのってやってくる訳ではなく、それ自体を嗅いでみるとそれを知ることができる。先に述べたように、触った所にも臭いはうつる。
この花と出逢ったのは、小学生の時だ。育てやすく、且つ赤やピンクといった華やかな花、ということが理由だったのだろうか。下級生が育てて、それを卒業生に贈る、というのが恒例だった。下級生の時、先生に言われるがまま育てたゼラニウム。必然的に、卒業した時にもらった。鉢植えに入ったゼラニウム。祖母の家で、引続き育つことになった。その後、育ちやすいという特徴通り、すくすくと、、いやもさもさと育った。そして、沢山の花が咲いた。色は、ピンクだった気がする。
ゼラニウム花言葉を調べてみたら、「友情・愛情」だった。送りだす者からの贈り物としても、卒業する者への贈り物としても、最高の花言葉。先生たちは、知っていたのだろうか。いや、知っていたよね。
今までは、ゼラニウムを見ると「異臭の植物」ということと「小学生の頃のこと」を思い出していた。これで、今後は、3つのことを思い出すことになる。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:ゼラニウム 花言葉 wacana*

昔と今*

2013.01.28 23:18|学生時代のこと
友人が遠くで歩いている姿を見て、高校生の頃のことが蘇った。
学校の廊下で、声をかけるほど近くはない距離で、友人を見かけた。学校に居たらいつでも会えるし、逆に用がなくても会えてしまう。遠くに見えただけだから、今すぐに声をかけなくても大丈夫。
そんな時の気持ちになったのだ。
しかし、友人は着物を着ていたし、ここは学校でもない。それは私の脳で起きた一瞬のことだった。
私たちはもう大人なのだ。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:wacana*