FC2ブログ
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
wacana*のこと

wacana*

Author:wacana*
wacana*です。
高二病を経て最もしたいことが見えてきました。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

ちんあなご

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

HOLE IN ONE!!!!*

2016.10.01 11:36|会社のこと
さりげなく渡された1枚。
よく見たら「HOLE IN ONE」の文字。ゴルフをやっている人ならば、一生に一度は!と思っていることなのでしょうか。なんだかこちらもドキドキしてしまった。
しかし、このクオカードを眺めているうちに、HOLE IN ONEをしたら、自身で内祝い的なものをしないといけないかと思ったら、さっきまでのドキドキが、怖いものにかわった。「一体何枚作ったんだろう」と、それを母に話していたら、「HOLE IN ONE保険なんてものがあるらしいよ」と聞いた。また違う、驚きのドキドキ。

とにもかくにも、元社長さまの恩恵にあずかっちゃいましたー!
わたしもラッキー。ウキウキ。


  wacana*



HOLE IN ONE



スポンサーサイト



テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

タグ:wacana*

カメ拾いました*

2016.09.12 18:38|会社のこと
カメ拾いました。

正しくは、会社の三軒隣のマンションの入口で、社長がカメ拾いました。そのマンション、道路からエントランスまで15メール程あって、そんでもって道路と敷地の堺にレンガで作られた低い門があるのだが、その辺りで歩いていたと聞いた。
わたしが最初にそのカメに会った時は、紺色のバケツに入って、わたしのデスクの対面側に置かれていました。次に会った時には、大きな水槽に入って、わたしのデスクの左向かいに。目線はほぼデスクと同じです。そして次の時には、水槽の中に、ぴりょりょりょりょ~という噴水が。

カメの大きさは甲羅が10センチ位。どうやら甲羅の腹の部分が平たいことから、メスだと判断したと聞きました。社長も同僚もわたしの出社していない数日のうちに、カメについての知識を豊富に蓄えていたのです。そして、このカメを拾ったことで、良いことがあるに違いないと、みんなうかれていたのです。

さて、このカメ、いったいどこから、やって来たのでしょうか。まず考えることは、そのマンションの住人が飼っていて、逃げ出してしまった線。数日の間、カメ拾いました、の張り紙をしていたけれども、訪ねてきた人は居ずじまいだったとか。なので次に考えたのは、捨てガメの線。ただ、もし飼ってた人が捨てたとしても、池のない、公園でもない、路上に捨てるなんてことがあるだろうか、ということに至る。捨てるなんて酷いことするのだから、路上に捨ててもおかしくはないけれど、そこまで酷い人ではないと、最後の希を持ちたい。という訳で有望になってきたのは、わたしが思いついた、夏休み中の小学生が、学校からふざけて持ってきちゃったけれども、お母さんから、戻してきなさいと言われて、とりあえず今日はもう遅いから、マンションの門の植え込みに入れておいた線。

そんなカメちゃん。無事拾われて、ぬくぬくしております。
毎日、ジャバジャバと大きな音をたてて泳ぎ回っている。ちょっと水の量が多いのかわからないがあっぷあっぷしている気もする。首を伸ばしてこちらを覗いてみては、アッチへ行ったりコッチに来たり。噴水が気に入らないのか、ホースを外したり上にのってたりして崩すので、直してあげては、またそれを繰り返す。気が散るほど、元気よすぎる。
カメちゃんのことは、社長も同僚も経理の人も可愛がっている。可愛がり方が半端なくって、拾い主の社長の名字をとって、長谷川カメ子と名付けられていた。それだけではない、営業部長という役職と、kame@hittours というアドレスまでも与えられていた。ただ今、名刺も作成中である。

カメ拾いました。
そんな訳で、カメのキャラクターが追加されて、職場の名刺リニューアルしました。イェーイ!

いやいや、旅行業登録を2種に変更して、JATAに加入したからですから!!


  wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:wacana* カメ

4月3日*

2013.04.04 16:41|会社のこと
私が社会人になった年。4月1日が土曜だったので、入社は必然的に3日となった。
そんな入社日に、社内では、一人ずつ挨拶をする場を設けられた。その時、私がいったのは、こんなことだった。今までにも何度となく話題にしてきた、武者小路実篤の「人生をつまらなくする素晴らしい方法があります。それは、わかっているという立場でものをみること。」という言葉が好きである、ということ。どんなことにも意味があって、どんなことにも好奇心をもつ。それが、人生を楽しむための素晴らしい方法である。社会人になっても、そういう気持ちをもった人であり続けたい、という目標。
そして、もう一つが、その日の朝、家の近くで見た桜並木のことだった。その日は、爽やかな気候で、青い空に桜の花が優しく咲いていたのであった。まるで、こらから楽しいことが沢山まっているよ、と私を見送ってくれるようなそんな気がしたのだった。だから、私は、今日という日の桜を忘れることはないと思います、と話したのだった。

4月3日になると思い出すことがある。
今年も一年、人生をつまらなくする素晴らしい方法で、頑張ろっと。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:武者小路実篤 wacana*

オーダーメイドスーツ*

2013.03.31 23:35|会社のこと
新卒の会社に入社した後、取締役の方に、オーダーメイドのスーツを頂いた。
まさか、そんな機会に出くわすなんて想像もしていなかった。なんでも、私たちの先輩が入社した際に「スーツをつくってあげる」と取締役の人に言われたそうな。その後、いっこうに音沙汰がなかったという。そんな中で、先輩が「いつつくってくれるんですか?」と聞いたことで、それが実現した。
前例がある中で、私たちもその機会を得ることになった。まずは、生地選びからだ。沢山の生地の中から選ぶのだが、これがまた大変だった。一体、いつ着るスーツなのか、自身もよくわかっていない。用途がわからないのだから、難しい。やっとの思いで選んだのは、グレーの生地だった。よくみると、白地に沢山のドットが入っていて、それ故にグレーに見える。折角だから、量販店では出逢えないような生地にしようと思ったのだった。生地が決まると、次は、スーツの形を決める。ボタンの数や形、ポケット、そして、スカートの形と長さである。そして、それに合わせて、自身の寸法を測る。
今、書きながら思い出したこの作業。果たして、今着てみたら、どのようなことが起るのだろうか。男性ものと違って、然程流行り廃りはないだろうと過程しても、サイズが心配である。洋服棚に、カバーをかけて仕舞ってある、あのスーツ。
今度、着てみよっかな。しかし、それを着て一体どこへゆこう。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:wacana*

ジンクス*

2013.02.25 23:39|会社のこと
わぁ、このジンクスかぁ。。

会社の人が、夕方にかかって来た電話をきった直後に呟いたのがこの言葉だった。突然のことに驚いた。いったい何事によるジンクスなのかわかるはずもなく「何があったのですか?」と訊ねた。
「明日、新しいパソコンが来るっていう電話だったのですがね、」
と言う。そして、続いたのは、ジンクスに関する説明だった。
「新しい機械が来ると、古い機械の機嫌が悪くなるっていうじゃないですか。原因不明の不調はそれか、と思って。」
それは、パソコンの調子が悪くて、業者の人を呼んだ数時間後のことだったのだ。そのようなジンクスがあるのは知らなかったが、機械もヤキモチをやいてスネちゃうのかと思ったら、可愛らしく感じた。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:ジンクス wacana