FC2ブログ
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
wacana*のこと

wacana*

Author:wacana*
wacana*です。
高二病を経て最もしたいことが見えてきました。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

ちんあなご

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月が現れるとき*

2017.12.02 00:00|空のこと
なんだか、いやだな、と思うことがあっても、帰路。思いがけず深い墨色の雲の中から、月が現れて。月とは何度も顔を合わせているはずなのに。それでも一瞬にしてココロが晴れて、嬉しいくなるのだ。 wacana*
スポンサーサイト



テーマ:独り言
ジャンル:日記

昨日の夏至。ときどき曇り。*

2017.06.22 23:58|空のこと
昨日の夕方、傘をささずに歩ける時間があって、赤信号を正面に立っていたら、赤信号のずっとうえに、とてつもない速さで右から左に、雲が流れている空があった。
すごいよ。あの雲にパッって飛びついたら、すごい勢いでどっか連れて行かれるよ。
と、わたし。すると友人。
ほんとだね。振り落とされないようにするのが大変だね。

気持ちが先走って、現実じみてないこと言ってしまったのに、躊躇なく普通に会話してくれた友人に、安心した。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:wacana* 夏至

だって、空が奇麗なのだもの*

2016.05.23 17:26|空のこと
先日、珍しく夕暮れ時に電車に乗った。
大きな荷物をもって歩き回っていたので、やっと座れたなと安堵の思いでいたら、後頭部の辺りから何やら感じてきた。振り返って、降りてたブラインドをあげたんだ。そしたら、流れる夕空が広がっていた。大きな虹のように空全体がグラデーションがかっていて、あまりに奇麗で、暫くみていた。おそらく本人が思っている以上に、短い時間だったと思うのだけれども。そして、「撮らなきゃ」とココロ動いて、ごそごそ鞄からそれ探して、窓に向けた。窓ガラスにレンズをピッタリとさせて。時折、電車の揺れでごつごつさせながら、夢中でシャッターを押した。空が都会の中に消えていってしまったので、窓から目線を身体と同じ方に戻したら、すごく注目されていた。でも、そんなことどうだっていい。だって、空が奇麗なのだもの。


  wacana*



IMG_0101.jpg


テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

タグ:wacana*

海が教えてくれることと、ビールが教えてくれること*

2015.11.20 23:33|空のこと
海の話をしていたら、波のひいた跡があった。
金曜のよる、海の余韻ゆらゆら。
でも明日、仕事なりけりー。


  wacana*



IMG_0126.jpg



テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

タグ:wacana*

月と地球の住人*

2015.10.28 23:59|空のこと
黒い雲の中から現れた月。急いで流れる雲を無視して、輝く月。
月のまわりは円状に厚い雲が透けている。どんなに雲が押し寄せたって、月の居る場所は眩い。今ここに居るわたしにしか見えないんじゃないかと思うこの光景も、ちょっと待てよと考えれば、月は大きいから、東京に居る人ならば、わたしがみているように見えるのだろう。月がわたしをひいきしてくれていないと思うと、すこし寂しく感じてしまう。
ヒカリの強さ美しさ。そんな月に魅せられて、気がつけばアゴを110度、あげていた。辛いけど、でも。
そんな普通の状態ではないわたしにも、ましてや、月にも気づかずに、隣にいたおじさん、青になった信号をみて、手元に光る物体をもって進んでいった。空のヒカリに気づかずに。

今夜もまた逢えるかな。


  wacana*



テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:wacana*