FC2ブログ
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
wacana*のこと

wacana*

Author:wacana*
wacana*です。
高二病を経て最もしたいことが見えてきました。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

ちんあなご

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

東北三昧*

2012.07.31 03:18|岩手のこと
岩手から、宮城へ移動。

どちらも、道中も、素敵な時間。

心のブログ、更新済み。


wacana*
スポンサーサイト

テーマ:東北地域
ジャンル:地域情報

タグ:岩手県 宮城県 wacana*

万城目学・氏の本*

2012.07.30 12:47|芸術のこと
読みかけの本があるのに、新しい本を購入して読み始めようとしている。だってそれは万城目学・氏のものなのだもの。本屋さんで見かけた時、以前に買った本ではないのかを確認した。普段会話には出てこないが小説ではよくつかわれている「逸る気持ちを抑えて」という語がまさにその状況だった。
それも早く文庫にならないか、と待ち望んでいたエッセイなのだ。今回はどんなことを思わせてくれるのだろう。勿論、電車の中で堪えるのが必死になるほどの笑いも含めて楽しみでならない。

嗚呼、ワクワクする。

読み始めてしまったら、終わりがやって来てしまうので、読むのをやめようかと悩む位に。


wacana*

テーマ:この本買いました
ジャンル:本・雑誌

タグ:万城目学 エッセイ wacana*

朝焼け*

2012.07.29 22:06|岩手のこと
朝焼けが綺麗だった。そして以前見た美しい朝焼けのことを思い出した。
2011年9月。岩手の陸前高田市から宮城の女川に向かう道中でのこと。女川までは3時間かかるので朝4時に出発。静かな山並みがゆっくりと色づいていった。そして立ち寄ったコンビニからみた朝焼けは素晴らしく美しかった。
エリナさんとチエちゃんと見た朝焼け。
自分の脳のことだけど「美しい朝焼け」に関連付けて過去の記憶を思い出せたことが凄い。他の考え方からするとこの日見た朝焼けが思い出せたのかもしれない。
美しいものを見る喜びを確信した。

wacana*

テーマ:岩手県の話題
ジャンル:地域情報

タグ:岩手 wacana*

岩手より愛を込めて* ~今日はマンボウスイム~

2012.07.28 13:04|岩手のこと
今日は、マンボウスイム!

宮城は、世界で3本の指に入るほどに、マンボウの水揚げ量が多いところ。先日、南三陸町のスーパーにもお刺身が並んでいた。こちらの人達にとっては身近なものなのでしょうね。
そんなマンボウ、7、8月がシーズンといわれている。主に200mの深海で生息するマンボウが何らかの理由により、水面下で体を横たえていると。岩手から船を出し、マンボウを追い、シューケリングで観察です。

沢山の出会いがありそうだ。


そして、今日も心のブログ、更新中!


wacana*

テーマ:岩手県の話題
ジャンル:地域情報

タグ:岩手 マンボウ wacana*

宮城での夜に*

2012.07.27 11:13|宮城のこと
岩手ではいつも大部屋に皆で寝てるのに、
宮城では珍しく個室に独りと一匹。
詳しく言うと一夜目の一匹は、いつも寝る所ではない為、
興奮して眠れず遊ぼうと誘うので退室。
二夜目は、しゃっくりしながら就寝。

前にもこのブログで述べたけれど枕=環境が変わると寝付きが悪い。
どうしたら慣れるのかな?

普通、一人部屋で寝れるのなら落ち着くはずなのに、落ち着かない。
なんだか寂しいのだ。

変な感覚になってしまったなぁ。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:岩手 宮城県 wacana*

ハートの水たまり*

2012.07.26 16:10|通勤時のこと
駅までの間、裏道をつかっている。そこに雨が降ったら必ずできる水溜まりがある。その水溜まり、ハート型なのだ。水の量によってはっきり見える時と見えにくい時があって、綺麗に見えた時なんぞはとっても嬉しくなる。そんな小さな楽しみが転がっている。

その裏道には、私と同じように駅に向かう人、駅方面から向かってくる人が居る。そんな中で、路上での歩きタバコが禁止にっている、というのが理由で裏道を通る人も居る。裏道だって路上なのだけど、と言いたくなる。加えて、吸い殻をポイ捨てまでする。その捨て先がハートの水溜まりである。ハートの中にタバコ。

その人の心、そのものなり。


wacana*

テーマ:
ジャンル:グルメ

タグ:wacana*

スペシャルな日*

2012.07.25 12:02|水曜テーマのこと
     のみ込まれそう。。


今日。
明日には昨日となってしまうのに
今日この時は今しかないのに
今日がちっぽけに感じてしまう
帰り道。

しかし、
突然あらわれた夕空に息をのむ。
あのビルもあの木々もあの電線もとっぱらって
今すぐ自分だけのものにしてしまいたい。
そんな帰り道。

やっぱり今日もスペシャルな日。


wacana*

テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

タグ:wacana*

クチバシカジカとの出会い*

2012.07.24 23:06|宮城のこと
念願のクチバシカジカに出会えた。

私が初めて見たのは葛西臨海水族館。入ってすぐの小さなスペースでクチバシカジカが居て、大人4人ガラスを埋め尽くす。子供よりはしゃいでその動きを観察した。あまりの興奮具合に、周囲に「なんだなんだ」「何が居るんだ?」と注目させてしまった。
そんなクチバシカジカ。水族館で見たまんまの姿がそこに居た。
まず、マサ君がスレートに『クチバシカジカ』と書いて見せた。やっと会える、と思ったらワクワクが止まらなくなった。小さな溝の中に居る為、観るのは一人ずつ。順番を待つ。

「凄い『キャーキャー』言ってましたよね。」
海から上がってジュン君に言われた。言ってましたとも。冒頭に戻りますが、念願のクチバシカジカに出会えたのだもの。とても感激した。
プロではない私が潜るに至るとは思っていなかった海。それは震災後の状況を見ていて、そしてそこで作業をしている仲間を見ていたから。だからこそ、ダイビングポイントとして出会えてとても嬉しいのだ。

前回はダンゴウオのハッチアウトが観られて、今回はクチバシカジカの親が見つかった。
潜れば潜るほどに海が戻って来ていることを知る。知ることは見ることで、見ることは潜ること。そしてその逆も然り。


wacana*

文化祭前日*

2012.07.23 15:41|宮城のこと
学生の頃、どんな仕事に就きたいかって質問された時には
「毎日が文化祭前日みたいに思える仕事」
って言ってたんだった。すっかり忘れてた。

それを思い出させてくれたのは、宮城県石巻でダイビングショップを立ち上げる正くん。オープンの前々日の夜に「ドタバタ(笑)」と今を表現したメールが来て「嗚呼そうだった。」と電車の中で思ったのだった。
文化祭前日のやらなきゃならないことが沢山ありながらもあのワクワクする感覚。そういう感覚のあるワクワクする仕事を私はしたかったのだ。なのにそのことを意識するのを忘れてた。
ありがとぅ正くん。

よーし。頑張ろっと。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:wacana* 宮城県 ダイビング

宮城より愛を込めて

2012.07.22 22:46|宮城のこと
やっぱり宮城も好き。

本日も心のブログ更新済み。


wacana*

女川に帰ります*

2012.07.20 20:36|宮城のこと
朝から崎陽軒のシウマイとビールで過ごすスーツ姿の年配男性たち。
いいなぁ。笑
私が上野で乗った時には食べはじめていたけれど大宮つくずっと前にはもうどちらも逆さまにビニール袋中だった。
あさまでどちらに行かれるんでしょうね。長野か新潟か。
そんなことを考えながら大宮で乗り換えて、初のはやてに乗車。車体を見て、吉永小百合を思いつくのは私だけではなかろう。

しかし崎陽軒のシウマイとビールが頭から離れない。

wacana*

みどり好きだね*

2012.07.19 11:12|岩手のこと
あと少しでクマハウスという時の陽の光が見せる山並みと田圃に心奪われて、
「わぁ緑、綺麗。」
と呟いたら
「みどり好きだね。」
とマッキーに言われた。

そこでハッとした。私は植物の緑が好きだからみどり色が好きってことなのではないかと。植物の緑と色のみどりをそのように並べてみたことは今までなかった。そして、このミドリ好きの根本には自分の名前が影響しているのではないかと思ったのだった。

以前からみどり色は好きだったけれど、この1年は極端にみどり色の雑貨や衣類が増えたのは岩手の影響があるのだろうか。岩手に行くようになって、自然の素晴らしさをもろに感じるようになった。季節の移り変わりを観ると心が躍って、山並みを眺めると心が落ち着いて、広い空の下に立つと喜びが込み上げてくる。

日没時に東の空を指してマッキーが言った。
「あそこピンクになってて綺麗だよ。」
「わぁ反射だね。綺麗!」
と答えた私に
「反射好きだね。」
とマッキーが言った。

岩手に居て、何かを感じたり嬉しい気持ちになったりするのは、自然からのことだけでなく、私を知ってくれている友人たちが沢山居てくれることだ。


wacana*

テーマ:日本の旅
ジャンル:旅行

タグ:岩手 wacana*

雨とわたしの関係*

2012.07.18 11:02|水曜テーマのこと
     2012.4.27-5.2 IWATE (372)


     
        ぽつぽつとあたる水粒が
        わたしを選んで
        落ちてきているのだとしたら
        傘がなくても
        少しくらいは
        愛おしくかんじる


                 wacana*

テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

タグ:wacana*

ただ*

2012.07.17 23:39|岩手のこと
ただいまと帰る地には
漂う夏の匂いがあって、
漂うやませが迎えてくれる。
ただ水の流れる音がして、
ただ蛙の鳴く声がする。
ただそれだけ。
ただそれだけのことなのに。

wacana*

タグ:wacana*

岩手より愛を込めて* その弐

2012.07.16 21:45|岩手のこと
やっぱり岩手が好き。

本日も心のブログ更新済み。


wacana*

岩手より愛を込めて*

2012.07.15 09:28|岩手のこと
心のブログ更新済み。


wacana*

生きるということ*

2012.07.14 10:25|wacana*のこと
時間の流れを感じることは立ち止まってみることなのかもしれない。目の前を通り過ぎる人や車、流れる風、動く雲、照らす太陽。そういったものの動きを体感すること。
そういう時、息をすることを忘れてしまうことが多々あって、それ故に呼吸って無意識にしているようで、そうではないことを知る。呼吸するのって実は苦しいとも思う。だからこそ生きるって息をすることなのだと実感する。


wacana*

碇のマリーングッツ*

2012.07.13 10:21|岩手のこと
最近、碇マークのグッツが多い。

三陸ボランティアダイバーズのロゴでもある碇マークなだけに目に留まるのは勿論なのだが、目に留まる機会が多いのは、何もそれだけの理由ではない気がする。
昨年、地震により津波が起こり大きな被害があったのは周知のこと。それ故、海をイメージさせるマリーングッツ全般の販売が極端になかったのだと思う。つまり今年が特別に多いのではなく、単に去年に比べて格段に多いのではなかろうか。
それに加え、一昨年は碇マークに気をとめなかったことが「こんなに沢山あるなんて!」と思わす要因だろう。
これはまた別の話だけれども、海への想いが復活してきたことがとても嬉しい。

そんな訳で碇マークのグッツに目がいく私、いや私たちは日夜、それを見つける度に
「大変(買わなきゃいけない)!」
と思うのであった。


wacana*

テーマ:最近の出来事
ジャンル:日記

タグ:三陸ボランティアダイバーズ wacana*

水にあたる*

2012.07.12 10:51|wacana*のこと
水にあたるって稀なことですか?

私は食べ物によくあたります。ファーストフードで、機内食で、皆で食べてなど、極端な話、二貫出されたお寿司を一貫ずつ食べて、私だけあたるという私の体調が引き金になるパターンがほぼそれを占めます。

そんな中で今日は水にまつわる話。いや、既に"あたる"にまつわる話なのでその中で、気軽によくあたる水について。

エジプトに行った時には当初歯を磨く水にも気をつけて居たのに、滞在したクルーズで出て来た食事には同行したメンバー全員が全く問題なかったので、最終日にはすっかり気を許していました。エジプトでの最後の食事は、ピラミッドが見えるレストランでのランチです。ブュッフェ式だったので好きな料理をお皿によそります。生野菜をもワイワイととって食べました。だが、この生野菜がまずかったのです。正しくは生野菜を洗った水。
私は日本到着して位から胃が痛いなぁとは思っていましたがまぁそれはいつものことなので差ほど気にしていませんでした。しかし、翌日から辛い日々が待っていたのです。勿論、野菜を食べた他の人も。ある人に至っては帰路の飛行機から始まっていた。確かに、機内でも別れ際でも静かすぎる訳です。

元から胃腸の弱い私はそれからというもの、なんともなくても海外ではビオフェルミン(整腸剤)を飲むようにしている。
そしてあたりやすい私は、近年では少し学び、口に入れて怪しいと感じたら出すことにしています。それからは、それでも比較的、回避出来ていると思うのです。
そんな中で、怪しいかなと思いながら、まさかなと思って口にしているものがあします。それは、お店で出される"お冷や"という名の水。
検査してもらった訳ではないので、明確ではないのですが、あたったときは何が原因かわかる特殊能力をもつ私には、この水によってお腹をくだすことは今までもあった。しかしそれは軽いもので、今回のように吐き気をもよおしたことはなかった。吐き気が伴ったら正真正銘の"中毒"である。夜、気持ちが悪くて目が覚めた。そして眠れない。

もう一度聞きますが、日本にいて水にあたるって稀なことですか?

そしてお店側に尋ねたい。水だからって気楽に扱ってませんか?水を差す容器、グラス綺麗に洗ってますか?
美味しくて衛生的だといわれる日本の水だって、管理が悪ければ、飲めないただの液体だ。

灯台もと暗し。


wacana*

テーマ:
ジャンル:グルメ

タグ:wacana*

梅雨明け*

2012.07.11 12:22|水曜テーマのこと
     まーしゃるで最新の花



                梅雨明け前の青空に
                わたしは何を期待しているのだろうか


                              wacana*

テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

タグ:wacana*

手紙を書こう*

2012.07.10 11:51|wacana*のこと
たまには手紙を書こうかな。
短い手紙でもいいから書いてみたいな。メールばかりしているせいかそう思った。高校時代には毎日会う友達とも手紙を書き合ってたことを思い出す。授業中には短い手紙を回し合っていたな、なんてことも。懐かしい。
そう思うといつから書かなくなったのかと思い返す。多分、受験とか高校卒業とかのタイミングだろう。あの頃の携帯電話を持つことがステイタスになりつつある状況も輪をかける。

そんなことをそうこう思っているうちに1ヶ月が経った。
ミハシから封筒が届いた。バースデーカードだった。
見慣れた友人の字は実に落ち着く。相手もそう思っているのかもしれないな。メールの文面や端々にだってその人の個性は出るけど、手紙ほどの柔らかさやおもいやりは感じられない。
辛い時ほど、手紙の温かさにホッとしてしまう。

やっぱり手紙を書こう。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:wacana*

自分のことが気になるお年頃*

2012.07.09 23:55|wacana*のこと
エスカレーターで前に立った男性。靴のかかとの減りがとても偏っていた。斜めになりすぎていて立っていて不安定なのではないかと心配になるほどに。
ただ立っている足の角度が極端に傾いていていたから、このかかとの減り方に納得した私。
靴や服って「自分が気にしている程、人は気にしていないよ」とよく言われるけど、私は街で出くわした全く知らない人のことがこんな具合に気になるので、私も自分自身が気になってしまうのだ。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:wacana*

電車を降りたら*

2012.07.08 15:40|空のこと
電車を降りたら空が素晴らしく綺麗だった。

車内では、窓を正面に立っていたのに携帯でエッセイを綴っていたから気付けなかったのだ。エッセイには、身近にあった感動を記載しようとしていたのに、エッセイを書くことに夢中で感動を見落としていたなんて情けなくなった。
こんな内容の諺があったのに、それさえ今、思い出せない。

ホームで少し、空を眺めて「ごめんね。」と誰にともなく謝った。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:wacana*

友人の結婚式での髪型*

2012.07.07 23:43|wacana*のこと
しなきゃしなきゃと思ってやっとした美容室の予約。電話の先から、希望の時間が混んでいることが告げられた。
あちゃーって感じ。
セットだからマスト。他のところ探さなくっちゃかな、って思ったら
「いいよ、オーケー」
という返事。カットだったら断られてると思うの。しかしセットだったから、無理してくれた気がする。
長年私のわがままな髪型に「えー」と言いながら付き合ってくれる美容師さん(笑)
高校時代のあの髪型達は同じ美容室の人がしてくれたもの。その時の美容師さんは結婚して田舎に帰っちゃったけど、今の美容師さんが引き継いでくれている。
今日は私の大学卒業式での髪型を大変気に入ってくれた友人の結婚式。だから、彼にセットして欲しかったんだ。
その時と似たような髪型にして貰って式に向かった。そしたらウェルカムボードの横に卒業式の写真が貼られていた。

wacana*

タグ:wacana*

独りの時間*

2012.07.06 12:38|岩手のこと
岩手に行くようになって変わったことがある。
それは独りで過ごす時間が増えたってこと。

独りが苦手で独りで外に出ることに緊張もする。だから独り言が多くなる。以前,
「君は一人暮らしじゃないのに独り言が多いね」
と言われたことがあった。独りで居る時に独り言を言い過ぎて、独り言が習慣になってしまったのだろう。恐ろしい。

ただそんな独り言も東北の自然の前には敵わない。あの緑の中、空の中、星の中、雪の中では、自分自身が消えそうになる。いや、溶け込んで一体化するという表現の方が近いかな。自然に心を奪われると重くて黒かった気持ちがみえなくなる。これは一種の"無"かもしれない。

必然的に独りで居ることの淋しさは感じない。寧ろ、楽しい。今更変な人に思われることもないと思うけど、楽しい理由の一つは空や山や植物と話しをしているからだ。一見独り言に見える私の喋りも、自然という相手が居るのだから独り言ではなくなっているのだ。ちょっとこじつけな気もするけれど。

独りでの時間の使い方がわかってきたんだね。きっと。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:wacana*

七夕*

2012.07.05 10:07|空のこと
去年。

ある友人と、半年ぐらいタイミングが合わずに会えないで居たので
「私たち、タイミング悪いね。」
と言ったら、
「まるで、織姫と彦星みたいだね。」
なんてロマンティックな返しが来たので、
「じゃ、来年の7月7日に会いに行くね。」
と伝えました。


wacana*

テーマ:日記
ジャンル:日記

タグ:織姫 彦星 wacana*

今どこで*

2012.07.04 11:25|水曜テーマのこと
      とげとげ


          貴方は今、どこでなにを考えていますか。

          私は今、ベットの上で貴方のことを考えています。



                             wacana*

テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

タグ:wacana*

年をとること*

2012.07.03 23:28|wacana*のこと
「君は若すぎる。」
昔、そう言われて振られたことがある。それが大きな理由ではないかもしれませんが、そう言われて拒否されたのは確か。そのせいで早く年をとりたい、と思うようになった。本当は中身が伴わないと駄目なのでしょうけどね。

とにかく今、年をとれることが嬉しい。それは生に制限があるわけではないからそう思えるのかも。

昨日は急な誘いの中、三陸ボランティアダイバーズ(以下、SVD)の仲間が集まってお祝いしてくれた。また、遠方から、都合のつかない方からは最近流行りの"魂だけの参加"をしてくれた。
実は誕生日を祝われるのが苦手な私。慣れなのか習性なのかわからないが、私の為に何かして頂いたり、時間を遣ってくださるのは、嬉しいようなくすぐったいような、もどかしいような、落ち着かないそんな気分なのだ。

苦手なだけに、昨日はやられたって感じ。
日付が変わってのサプライズ(詳細は昨日のブログ)に続き、沢山の人が集まってくれた。集まる、というよりは、会いに来てくれたという方が近いかな。勿論、魂だけ参加の方からも。
皆さんの気持ちがとってもとっても嬉しかった。お祝いの言葉も素敵なプレゼントもありがとぅ。

SVD46イのセンターは、もう私の手の中なのでないかと思う夜だった。


wacana*

テーマ:誕生日
ジャンル:日記

タグ:wacana*

ハッピーなバースデー*

2012.07.02 18:43|wacana*のこと
岩手からの帰りが意外と早かったので30歳の瞬間を独りで迎えることになりそうだった。そんな中で、友人が飲みに付き合ってくれることになった。
突然の誘いにのってくれただけでも嬉しいのに、店内にハッピーバースデーの音楽が流れて
「お誕生日おめでとうございます」
と店員さんがオリジナルカクテルを。時間を見ると0時3分だった。驚き。
サプライズをするのは慣れているけれど、されるのには弱くて、そして嬉しさが込み上げてきて涙が出てしまった。涙をそばにあったペーパーナプキンで拭った。

そして夕方。
メモ帳をふと開いた。するとそこには涙を拭ったあのペーパーナプキンが挟まっていた。その時たまたま目の前にあったメモ帳に挟ませて持って帰っていたのだった。ナプキンには涙で湿った跡がほんのり。

このナプキンが、まだ18時しか経っていない出来事を思い出させた。嬉しかったことだったから、また嬉しくなった。
ありがとう。


早速、印象深い30歳がスタート。


wacana*

テーマ:誕生日
ジャンル:日記

タグ:wacana*

変わらない日曜日*

2012.07.01 22:29|wacana*のこと
20代最後の夜は"いつものよう"になった岩手からの帰り道。
探偵さんとウッチーさんとケンジくんと。
なんだか良い時間。

今年もそういう時間が沢山あるといいな。
いや、きっとある。


wacana*

テーマ:誕生日
ジャンル:日記

タグ:wacana*