FC2ブログ
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
wacana*のこと

wacana*

Author:wacana*
wacana*です。
高二病を経て最もしたいことが見えてきました。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

ちんあなご

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

9月修了*

2013.09.30 23:58|wacana*のこと
マーシャルに行っていたからかな。
沢山の想いに包まれたからかな。
長かった9月。
明日から10月。

そんな、ココロのブログ、更新中。


wacana*
スポンサーサイト

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:wacana*

そういえば*

2013.09.29 22:05|日常のこと
「でもまぁ、目の前にあるものが見えないってこと、あるよ。」と言われて
「本当、今まさに自分の人生がそうかもしれないよ。。。」と答えたら
「・・・歯磨き粉のことだよ。」と言われた。
「歯磨き粉どこにあるの?」ってわたしが尋ねたのだった、そういえば。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:wacana*

ナザールポンジュ*

2013.09.28 18:50|wacana*のこと
ある旅行会社の入社二次試験は、なぜかトルコ料理レストランでの集団面接だった。学生だったわたしは、二次試験に通った連絡を受けて、表参道の駅から青山一丁目側に位置したお店に向かった。
そのお店は、地下にあった。十数段降りて、折り返す訳だがその壁に大きな円い硝子が飾られていた。目玉と表現する他にない。全体が透明なブルーの硝子で、その中心に目玉があった。後にわかるのだが、これはトルコの魔除けのお守りで「ナザールポンジュ」というものだった。
見たことある人は納得するだろうが、とにかくとても印象的な柄なのだ。それをみてわたしは何を思ったのか、その目玉に手を伸ばした。
そして、その目玉を次に見たのは、新入社員歓迎会食の時になる。あの手を伸ばした時、これからの未来、もう一度逢えるという未来をわたしは無意識に感じていたのだろうか。自分のことながら、なんとも不思議な行動だったと自負している。
そんな思い出深いトルコのお守りを、愛知の万博の時に購入した。勿論、トルコ館でだ。置物から飾り、ブローチやネックレスと色んな種類があり、悩んだ末に、ブレスレットを選んだ。それから、頻繁につけていたけれど、季節が移り行く中で、その存在は薄れていった。
そして最近、引出しを整理していた時に、久々に目にした。もともと気に入った色たちのブレスレットだったので、今見てもカワイイ訳である。「そうだ!して行こう。」と、先日から、時より腕にはめてから出かけていた。
それが昨日。カフェで目の前にある机の角張った所に腕が触れたか触れないかという時、ババッという音がした。予期せぬ出来事とはこのことで、ブレスレットが切れていたのだ。その飾りのビーズの半分が床にばらまかれた。一瞬「これって願いが叶うってこと?」なんてミサンガみたいな想いにかられ、ハッとした。拾わなければ。隣に座っていた人も椅子から立ち上がって、拾ってくれた。隣り合って一緒にいたビーズ達がバラバラになってしまった様子をみて、とても悲しくなった。そしたら、初めてこの目玉のお守りに出逢った時のことを思い出した。
人とは別れの時に、出逢いのことを思い出すのだろうか。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:ナザールポンジュ トルコ wacana*

欲求の一つ*

2013.09.27 23:55|wacana*のこと
どこかに行きたい。
この想い、また始まってしまった。海の日の連休、都内某所にいたわたしにとって、連休を楽しげに過ごす人が羨ましくてならなかったのだ。常にどこかに行きたいと思っているが、その想いが募ったのは、その為である。
しかし最近、どこかへ行くことの意味を考えるようになった。どこかに行くことのメリットは、非日常に浸れること(日常に居なくてすむ、という言い方もある)から、”新しい”いろんなものに出逢えることだ。出逢うのは、人、景色、空、時間、想い。そしてコトバなのだ。
コトバと出逢う為にわたしは、どこかに行きたいのだと思っているのかもしれない。

wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:wacana*

毛玉*

2013.09.26 22:34|日常のこと
食事をしていて、髪の毛やら虫やらガラスやら、余計なモノに出逢ってしまうことが多いわたし。たまたま出逢ってしまう★の元に生まれたのか、たまたま気がついてしまうのか、その辺のことはまだわかっていない。
先日の夕方、思い立って歯磨きをした。するとなにやら、口の中でゴロっとするものが。
歯に隙間が多くいわたしは、例の如く何か食べ物がつまっていたのかと指で掴んでみた。毛玉だった。白い毛玉。髪の毛も絡まっていた毛玉。
会社のトイレの洗面台で衝撃のわたし。
そして、この毛玉をとっておくべきか否かで悩んだわたし。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:wacana*

久々の高二病!*

2013.09.24 23:56|wacana*のこと
続・「したい」って欲求がとまらない。
したいのに、気持ちが先走ってなかなか動けない。これはまさに高二病ではなかろうか。久々の高二病である。
そんなココロのブログ更新済み。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:wacana*

したい*

2013.09.23 11:59|wacana*のこと
どこかに行きたいっ。写真を撮りたいっ。文章をかきたいっ。貴方に逢いたいっ。自分を信じたいっ。
「したい」って想いが先走って、何もできない。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:wacana*

なにを見ているの?*

2013.09.22 21:29|wacana*のこと
このレンズから何を見ているのでしょうか。
絶対にキラキラした瞬間だと思います。
わたしにも見せて!


wacana*



DSC_0366.jpg 

テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

タグ:wacana*

中秋の名月の翌晩*

2013.09.21 11:48|空のこと
月が綺麗過ぎた。
目的地に向かっていたはずのわたしの足は、月を正面にしてとまってしまっていた。こんなにも美しい月が居てくれるならば、なんでも出来る、そんな気持ちにすらなった。
昨日は、「中秋の名月」だった。沢山の人がメディアから発信されるコトバにより、空を見上げた。
今日は、「なんでもない十六夜の月」だった。目の前にあるその月は、とても綺麗だった。しかし、月を見る人はいない。「中秋の名月」というレッテルが無ければ、空をみあげないのか。ましてや、橋を挟んで反対側にある夜景を写真に収めている男性がいる。今しかないという一瞬の自然を前に、いつもと変わらぬ人工物の電飾を選ぶ。なんと乏しい人たちなのだ、と残念に思った。
しかし、十六夜の月が綺麗だと発信したら、共感してくれた友人たちが沢山居た。ほっとした。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

先日のことdesu*

2013.09.20 17:02|wacana*のこと
久々に頭にきました。
他人からしたら、それはそれは小さなことかもしれません。笑って流せばいいじゃんと思うかもしれません。しかし、わたしという人が、わたしである為には、ゆずれないことなのです。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:wacana*

暇なとき*

2013.09.19 22:03|日常のこと
ある所に拘束されて時間を過ごさねばならない。
そんな場合、どうやりすごしたらいいのか。ぼーっとするには時間がありすぎる。そして、口をあけている訳にはいかない。携帯はいじることができない。ならば、本が読みたい。しかし、それも許されない。そんな時にわたしは、この小さなメモ用紙に、今の状況を綴るしかなかった。そう、今がまさに、その拘束された時間なのだ。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

色々*

2013.09.18 20:35|水曜テーマのこと
色の世界へ-2 -2



彩りの世界へようこそ。

       wacana*

テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

都内で、ほのぼの*

2013.09.17 14:33|通勤時のこと
眠いなぁ、と思ってうとうと。
総武線が止まった。目を開けてみたら、市ヶ谷駅。そのドアの先に釣り堀が見えた。平日というのに結構人があるではないか!夏の終わりの日差しの都内。そんな中での釣り堀に、なんてほのぼのしているのだろうと、ほほえましくなった。しかしすぐに見えてきたのは、釣りざおの弧をえがかせ、ジャバジャバと言っているだろうシブキをたてていた人だった。正しくは、たてていたのは魚である。釣り人が立ち上がるもその状況は変わらない。それも、わたしから一番奥の位置に居たせいか、周囲がそれに反応していなかった。そもそも、釣り堀なんて、他の人のことなど気にしていないのだろうか。どうであれ、その釣り人を見入っていたら、甲高い「ピンーポーン」を三回言わせながら閉まるドア。「あ!」と思ったら、閉まりきる前にまた開く。また「あ!」である。釣り人の状況はまだかわりない。そして、即座に閉まるドア。
ほのぼのなんてなかなかできないものだ。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:総武線 市ヶ谷 wacana*

なぜー??*

2013.09.16 22:57|wacana*のこと
マーシャルに2週間滞在していて、肌だけでもそれなりに焼けている。日焼け止めを塗り忘れた太ももなんぞは、夏休み明けの小学生状態なのだ。日焼け止めをぬれない頭は、かなり焼けしているはずなのに、いつになくサラサラでフワフワなわたしの髪の毛。
触ってくれる人が居なくて残念なほどに。。。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:マーシャル wacana*

船底掃除*

2013.09.15 23:55|マーシャルのこと
うえまつ、船底掃除してきてよ。
なんで?
船と一体感になれるよ。
じゃ、やる。

マーシャルにきて初めての海が、船底掃除だった。みんなで船を綺麗にしてあげる。船が可愛くて仕方ない。すごく楽しかった。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:マーシャル wacana*

飛びマス飛びマス*

2013.09.14 10:13|マーシャルのこと
飛びマス飛びマス、になっている・・・・。

太陽が昇って沈んで★が見えるんじゃなくて、地球が自転して公転していることを感じる。
ヨットで飲むビールがおいしい故、早々に底をつき、夜中に皆でコーヒーを飲む。
鼻の中に海水が入って痛くなることをしりながら、写真の為に何度も飛び込む。
満天の☆を独り占めしながら眠り、マーシャルに溶け込んだつもりが風邪を引く。

自然とめいいっぱい遊んだなぁ。
こういうの最高っ!
ありがとう。


wacana*

ky1.jpg
写真は、raycrew HIROさんからお借りしました。

テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

タグ:マーシャル wacana*

一番は、わたし*

2013.09.10 12:00|wacana*のこと
一番最悪なのはわたしだ、ばーか。


wacana*



DSC_0152-2.jpg



テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

タグ:wacana*

だろう、と思っている、だろう*

2013.09.09 23:58|マーシャルのこと
12月に行ったマーシャル旅行。帰国前日に、エレファというアミモノ屋さんでお買い物。マーシャルで「アミモノ」と呼ばれているのは、まさに椰子の皮で編まれたもの。小さなお花の飾りから大きな壁飾り、鞄やアクセサリーなど種類が豊富だ。行く度に違うもの店頭に並んでおり、「可愛い!」がとまらない。
そこでまさに「可愛い!」飾りを見つけたのだった。同じ柄はあったものの、今までみたことがない飾り。即、手にとり購入。それをもって足早に帰る。扉をあけて「これあげる!」って言って無理矢理渡してきのだった。
8月から行ったマーシャル旅行。みんなが使うモノのキーホルダーとして使ってくれていた。こういうの、嬉しい。
そして彼は、わたしがそれをみて喜んでいるだろう、と思っている、だろう。見透かされている気もするが、それを見透かしているのだから、わたしの方が一枚上手ということにしたい。

そして、お揃いで全く同じものをもっていることは、内緒。うふふ。


wacana*





テーマ:キュン(*´д`*)みたいなw
ジャンル:恋愛

タグ:マーシャル wacana*

最もなことでした*

2013.09.08 23:52|マーシャルのこと
マーシャルのサンゴを前に
ウソなどつけぬ。

wacana*


IMG_1314 2

テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

タグ:マーシャル wacana*

だって、ここはマーシャルだもん*

2013.09.02 11:11|マーシャルのこと
離島へのキャンプに行って来た。夕空が綺麗だったから、星空が綺麗だったから、それだけのことではなく、色んな瞬間から、コトバが出て来たのに、旅ノートを持ってこなかったのだった。これではコトバを忘れてしまう、、、と思ったものの、それもたまにはいいのではないか、と思ったのだった。だって、ここはマーシャルだもん。
海と星空と向かい合いながら、寝よう。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

理由*

2013.09.01 04:44|wacana*のこと
わたしが泣いているのは、悲しいからじゃない。
それを出来なかったわたしが、悔しいから。


wacana* 

DSC_0227.jpg

テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

タグ:wacana*