FC2ブログ
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
wacana*のこと

wacana*

Author:wacana*
wacana*です。
高二病を経て最もしたいことが見えてきました。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

ちんあなご

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

振返り・姫路の皮屋さんの店主に*

2013.11.17 11:14|旅でのこと
皮屋さんでペンケースを買いました。沢山ある柄の中から選んだ、気に入ったペンケース。白鷺柄です。
柄と形とを悩んで決断して、店主に手渡す。そしてお会計。鞄から財布を取り出す。正しくは、鞄から巾着に入っている財布、になる。そんなわたしの様子を見て、
「財布、大切にしているのだね。」
と言われた。
「。。。。。。」
なんで巾着に財布をいれているのか、という質問は何度となくされていたのだが、今回のように「なぜ。」という疑問を通り越して、付加疑問文で言われたのは初めてだったので、一瞬戸惑いながらも返したのは、
「お財布、気に入っているので。」
というコトバだった。あれ、このわたしの返し、いつぞやでもしたことあるぞ、と思った。それは、麻布十番での鯛焼き屋さんでのことだった。支払い時に財布を出すと、レジに居た男性がこう言ってきた。
「その財布、珍しいですね。」
「。。。。。。」
突然の声かけに、なんて答えたらいいのかわからずに居たら、
「今まで色んな財布を見てきましたが、それは見たことがない。」
と、続けて言われたのだった。わたしはとにかく何か返そうと言ったのが
「この財布、気に入っているんです。」
というコトバだった。
レジの人は、結構人の財布を見ている、、、というかレジに居たらそこへ目が行く他ない、といったところだろうか。
とは言え、皮屋さんのは、それとは別で、皮屋さんだけに、お財布のことに敏感だったのだろう。そしてたぶん、皮屋さんは、わたしがこのペンケースを大切に使ってくれると思っただろう。
はい、大切に使いますよ。


wacana*
スポンサーサイト



テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:姫路 麻布十番 wacana*