FC2ブログ
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
wacana*のこと

wacana*

Author:wacana*
wacana*です。
高二病を経て最もしたいことが見えてきました。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

ちんあなご

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

成田空港物語*

2016.06.17 10:40|旅でのこと
TAKE IT IF U LIKE

隣人が席を立って、おやおやお忘れですわよ~、と思ったらこんな置き手紙付き!
初めてみた!やるなー。


  wacana*



13346759_1124827937555530_7557294047513715683_n.jpg



スポンサーサイト

テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

タグ:wacana*

納豆にタレとカラシが入っていなかった問題*

2016.06.16 22:36|日常のこと
衝撃!
家で食べるときの夕食は、ほぼ豆腐と納豆
そんなわけで、意識することもなく納豆のパッケージを開けてる。そして本来の目的の納豆へと、、しかしここで、いつもより納豆への到達が早いことに気づく。
えっ?なんで?
えっ?ない?ない?
カラシとタレどこ??
あまりの衝撃に戸惑って、わたしが見落としたんじゃないかと身の回り探してみちゃったりなんかして、でもあるわけがないのだ。その衝撃の影響は、寝ている母を起こして、カラシとタレが入っていないことを報告することにも至った。
カラシは使わないからいいけど、タレだけはほしいよ。。とりあえず、もうひとパック、恐る恐る開けてみたら、無事入っていました。
という訳で、夕食再開です。
ふぅ。


  wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:納豆 wacana*

大スキな季節*

2016.06.15 23:50|水曜テーマのこと
13407140_1131165023588488_8352005214308662655_n.jpg




よるの、紫陽花*



wacana*




テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

タグ:wacana*

結果をとるか、過程をとるか。それが問題です。*

2016.06.14 14:32|wacana*のこと
欲しい本がみつかりません。
地元のブックファーストも紀伊国屋書店はもとより、御茶ノ水の三省堂書も銀座のブックファースト、秋葉の有隣堂もない。新宿の紀伊国屋か丸の内の丸善かなぁ。。
ネットで買えば万事解決!なのだということはシッカリ頭で理解してますの。ええぇまぁね。でもあの、新しい本を買ったときのうきうきする感じとか、その足でお気に入りのカフェにいっちゃおう♪っていうわくわくする感じもひっくるめて、本の楽しみなのだ。
前にネットでクリックしたこともあったけれど、先方と配送会社の都合で届くから、その辺に封も開けずにポンってしちゃってた訳で。。
自分の性格を考えてクリック解決は避けたいけど、でもでも早く読みたいおー。
To be or not to be, that is question.
結果をとるか、過程をとるか。それが問題です。


  wacana*

〜 ふりかえり更新 〜

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:wacana*

続・羽田空港話*

2016.06.13 11:49|旅でのこと
先日の羽田空港に行ったときの、つづきである。

羽田空港でランチの約束。
モノレールで着いて、2階の出発ロビーを目指すわたし。左からエスカレーター。エスカレーター。エレベーター。エスカレーター。どれに乗ろうかと考えて、今、自分の向いている方に、まっすぐと進める2つ目のエスカレーターに決めたのだった。
羽田空港がスキ。それは、わたしにとって、羽田空港が旅の始まる所、という認識があるだ。勿論、旅の始まる所、即ち旅の終わる所でもある訳ですが、、旅をしないときに羽田空港に来ても、寂しい気持ちになったりはしない。なぜかと言えば、旅をしないときに羽田空港に訪れたのなら、行くのは「出発ロビー」で、これから旅にでる想像をしてしまうから。そして、他人のわくわくが聞こえてくるからだ。お見送りの「バイバイ、またね。」は、もちろん少し寂しいけど。
まぁそんな訳で、空港で旅を想像してうきうきしていたわたしですが、一階を通過して二階への最中に
武者小路実篤が描く日本の春」
というポスターがちらっとだけど、間違いなくしっかりとわたしの目に飛び込んで来た。
知らなかったのですが、羽田空港には、ディスカバリーミュージアムという美術館があって、6月26日までそのタイトル通り「武者小路実篤の絵」が飾られていた訳で す。大スキな武者小路実篤。でも最近、全く読んでなかったことを意識した。考えてもみなかったけど、もしかしたらいま、わたしには、武者小路実篤の考えが必要なときなのかもしれない。
帰ったら、黒いTシャツを着て、本を開こう。


  wacana*


テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

タグ:羽田空港 武者小路実篤 wacana*

彼女からの手紙には*

2016.06.12 10:37|日常のこと
高校の頃からの友人と、特にルールのない、相手を思い出した時に書くだけの、手紙のやりとりをしています。
わたしは、旅先や、友人のスキなイルカを見つけたり、何か思い立った時に送るポストカードで。彼女からは、数ヶ月に一回、彼女らしい可愛い柄の便箋で。回数だけなら、わたしの方が圧倒的に多いけど、わたしは、その時の一瞬を文字として、彼女に伝えたいだけなので、無事わたしの気持ちがのせた手紙が届いていれば、極端な話、返事もいらないのだ。
メールやラインもスキだけど、あまりに身近すぎて、なかなかストレートに言えないこともある。でも文字を書くとなると少し改まった気がして、いつも伝えられないココロのうちを、そっと伝えられちゃったりするのかも。手紙には、彼女も同じ気持ちかもと思うことが書かれていて、そして、いつもハッとさせられる。
結婚して遠くに引っ越してしまってからは、あまりあえて居ないから、"わたし"という人が、あのときの"わたし"のままなのかもしれない。それに気づかさせられて、彼女の中のわたしと、今のわたしと比べてみて、ちゃんと出来ているのかな、とか。ちゃんとしなきゃな、とか。ちゃんとしていたいな、とか。いい刺激を貰っています。
そして、いつもはひとりな気がしているけど、ちゃんと見守ってくれている人がいるんだな、って暖かくて優しい気持ちになる。そして、今からまた、頑張ろうって思うんだ。

いつも、ありがとう。
わたしもまた。手紙をかくね。


wacana*

テーマ:独り言
ジャンル:日記

鍼灸の威力*

2016.06.11 23:33|日常のこと
鍼してきました。
そして、針の上にお灸。

心地いい重みを感じて、ちょっと眼を開いてみたら、眼の前を何本かの針たちが交差してました。ぎょ。
少しずつそして長らく蓄積されていたが故に、気づいていなかった眼の周りに潜む大きな岩が、針の魔法で形を崩し、そして、おでこから頭に向けてとろとろと流れていったのです。。。

やばいぃぃ。
とろけてしまったみたいでし。


wacana*

テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記