FC2ブログ
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
wacana*のこと

wacana*

Author:wacana*
wacana*です。
高二病を経て最もしたいことが見えてきました。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

ちんあなご

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ある意味、正夢?!*

2016.08.29 23:15|日常のこと
昨日見たのは、
「わたしあと3ヶ月の間に、妊娠しなかったら結婚しない。」
と、言い放った友人の夢。
「えっ。なになに、それなんのこと??」
もちろん夢の中で、急な発言にクエスチョンマークで頭をいっぱいにさせたわたし。
その話を昨晩会った友人に話したら、
「わたしあと3ヶ月の間に、妊娠しなかったら、高齢出産になるって話し、wacana* にたんだっけ。」
という思わぬ返事が返ってきた。
現実でもわたし。
「えっ。なになにそれ。」
そんな話聞いてませんから。と、ちょっと怖くて、そのシンクロ具合に驚いた。


wacana*
スポンサーサイト



テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:wacana*

マウナケア*

2016.08.26 15:46|So-Nameのこと
日没。
それは、一日の中で、一番ひそかな時間。

   
  So-Name wacana*

〜 Photo at Mauna Kea 〜 


WCN_3112.jpg


テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

タグ:So-Name wacana*

*沖縄編*他人の美味しいはあてにならない*

美味しいお店に出会えたならば、何度も通う。
そんな何度でも通ってしまう店のほぼ9割は、一口食べた時に洗礼をうけたように「また来たいっ!」という気持ちになるのです。
でも、そんなに美味しいお店に出会えなくって、いつも同じお店に通ってしまう。そんなわたしは、「他人の美味しいはほぼ、あてにならない。」と思っている。親しい友人の美味しい以外は、ほぼそうである。他人さまの美味しい、で何度、残念な気持ちになったのかといえば、、、「もう残念などには、ならない」というくらい残念な気持ちになったのである。

というわけで、わたしの美味しものをご案内しようと、勝手に思って始めた内容。


人生をつまらなくする素晴らしい方法
[☆沖縄編☆他人の美味しいはあてにならない。。]
http://www.tour.ne.jp/blog/wacana/105174/



wacana*



IMG_0184.jpg


テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:沖縄 wacana*

答えは、女川・竹浦漁港!正解!

2016.08.20 14:44|宮城のこと
海なのに、みーんみんみんみんみん。
海なのに、ほーーーほけきょ。
に被せ気味での、みーんみんみんみんみ゛ー。

ココハイッタイドコナンダ?


  wacana*

宮城女川振り返り〜

テーマ:独り言
ジャンル:日記

タグ:宮城 女川 wacana*

常磐道*

2016.08.17 15:47|水曜テーマのこと
IMG_0465 のコピー




なんだか急に。雑な自分の写真が愛おしい。
 


  wacana* 〜 Photo at 常磐道








続きを読む >>

テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

タグ:wacana* 常磐道

ゆらゆら台湾夏休み*

2016.08.15 20:29|So-Nameのこと
2年前のちょうどこの時期。台湾の九份に行きました。「千と千尋の神隠し」の舞台になったとかなっていないとか、そんな所のようですが、そんな九份の建物や街並みよりも印象的だったのは、坂を登りきった九份の丘でした。蒸し暑い中登りきったわたしたちを迎えたのは、山に臨む海への景色と、海からの風でした。それはそれは、気持ちよくって、これは定かではありませんが、わたしたちは暫くぼぉっとしていたと思います。 
以下、わたしと友人の会話。
「まるで熱海みたいだね。」「わたしも今思ってたところ。」「熱海は日本のハワイって呼ばれているよね。」「じゃ、ここはハワイってことだね。」
そんな、旅なれではのハイテンションで、「ちがうちがう!」というツッコミも入れぬまま笑っていたわたしたち。
その後、細い一本道を進んでいくと、お茶屋さんが立ち並んでいました。お店のいりぐちをちょいと覗いてみると、お店の奥からは海が見えるではりませんか。つまり、この道のお茶屋さんはどこも海の見える茶屋なのです。わたしたちの意見はもちろん一致。どれにしようかな、と決めたお茶屋さんに入りました。靴を脱い2階のテラスの席に座って、海を眺めながら飲んだのが、この赤いお茶。ハーブティーが苦手なわたしが選んだ赤いお茶は、甘酸っぱいフルーツティー。暑かったからなのか、喉が渇いていたからなのか、海への眺めがよかったからなのか、友人との時間が楽しかったからなのか、いろんな要因が作用して、この幻想的なお茶に魅了されました。
台湾を考えたとき、思い出すのは、このゆらゆらゆらめいた時間。
最高の夏休みだったな、ってね。

今年の夏もなんとなく、もうあと少し。振り返ったときに、どんな夏休みになっているかな。


So-Name wacana*





TPE (221)

続きを読む >>

テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

タグ:台湾 九份 wacana*

ルノワール、enoie、るのわーる*

2016.08.14 19:52|芸術のこと
あの絵に、逢いにいってきました。

もう8年ほど前のことです。
友人の結婚の披露宴の時に、友人二人の座った後ろに置かれていた、ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」。その約半年後に、新婦だった友人と、パリまで本当の絵に会いに行ったのでした。そんな思い出のある絵。それが、この夏、日本の新国立美術館にやてきていました。

会場に入って、戸惑ってしまったのは、美術館が久々すぎて、あまりに人が多すぎて、どうやって過ごしたらいいのかわからなくなってしまったからです。最初の部屋では、距離感がつかめず、部屋の真ん中を中心として、軸足をおいて、まるでピポットのような、コンパスのような動きになっていたに違いありません。それも、沢山の頭の合間を目線を送り、決して彼らにわたしの存在が気づかれないような距離感を保っていました。それでもそのうち、なんとなく慣れてきて、軸足も緩んできて、お気に入りの絵が出てきたので、そっと近づいてみたのです。すると絵には、反射の少ない薄いガラスが敷かれていて、わたしたちと絵の間は、ほんの数ミリなのに、空気を介しても、決して交わることのできない距離があって、少しさびしくなってしまいました。
でも、たくさんのルノワールと、思いがけずゴッホやピカソの絵にも逢えて、嬉しかったですし、欲を言えば、モネの絵にも会いたかったのぉ。

以前はパリに逢いにいって、今回は日本に会いに来てくれたのだから、今度はわたしが会いに行く番だなー。なんて、パリに行く為の理由を勝手につくった、夏の日でした、マル


  wacana*




renoir.jpg



続きを読む >>

テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

タグ:ルノワール wacana*

ドラえもんが大変・・・・*

2016.08.12 22:16|日常のこと
i'm doraemon.
大丈夫、ドラえもんーーー?
裏方から衝撃事実が垣間見えてしまった。。
8/3からのイベント、折り返し地点だもんね。
お疲れ、ドラえもんーーー!


  wacana*



13939504_1171128319592158_6224018370384967576_n.jpg


テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

タグ:wacana* ドラえもん

昨日は立秋で、わたしはひまわりで*

2016.08.08 22:20|旅でのこと
昨日は、立秋。
でもまだまだ、夏あそびしたいっ!
ね、そうしよっ!


  wacana*



WCN_0273.jpg




テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

タグ:ひまわり畑 wacana*